ベトナムのイベントでベールを脱いだDISAMATIC C3の主要な利点

発行日時

多くのジョルトスキーズや手込造型の専門家たちがホーチミン市とハノイに集い、DISAMATIC C3の特徴、主要な利点を見出しました。

招待状の内容は次のようなものでした。「321日にベトナムのホーチミン市で開催される『すべての鋳造所がDISAの鋳造工場のようになれる』というセミナーへ是非ご参加ください。行けなかったら?いいえ、問題ありません!323日にハノイでももう一つのイベントをご用意させていただきます。そこでお会いしましょう。」

これにより、DISAMATIC C3縦型造型機の主要な利点について詳しく知るため、多くの手込造型やジョルトスキーズ造型の関連の方々がホーチミン市とハノイまでお越しくださいました。

あらゆるユーザー向けのDISAMATIC®

これまでDISAは、非常に高い生産能力と高速性が要求される鋳造所向けの解決策を提供してきたことで知られていますが、201612月に販売を開始したDISAMATIC C3により、あらゆる鋳造工場が縦型造型を行えるようになりました。こうしたことから、C3はしばしば「あらゆるユーザー向けのDISAMATIC」とも呼ばれています。

DISA中国の取締役営業本部長Thomas Feng氏によれば、「DISAMATIC C3は、インドや中国にある数多くの小規模な手込造型の鋳造所にとって大きなターニングポイントを示しています。というのもこの縦型造型機は、そうした小規模な鋳造工場の特定ニーズに対応し、しかも手頃な価格で導入できるからです。 この機械により、それら小規模製造業者は既存のジョルトスキーズまたは手動処理工程から自動での縦型造型に切り替えることができ、それによって型ずれ不良率や仕上げコストを最小限に抑え、高精度の鋳型を迅速に生産することが可能になります」とのことです。

さらに同氏は、「当然のことながら、あらゆる規模の鋳造工場にとって高効率と高生産性は優先項目リストの上位にありますが、DISAMATIC C3により、中小規模の鋳造工場でも多額の資金調達を必要とせずに高効率と高生産性を確保できるようになりました。 今回2ヵ所で開催されたベトナムセミナーにご参加いただいた鋳造所のオーナーや作業者の皆様からのご意見を通じて、実際にDISAMATIC C3があらゆる鋳造工場でご使用頂けるということが、DISA社自身ならびに市場にとっても明らかに証明されています。 参加者の皆様は、生産の拡大を図る上で、ジョルトスキーズや手込造型から自動造型機への転向について大きな関心と意欲を見せていました」と続けました。

2日間のセミナーに対する感想の例

そして最後に同氏は、「多種多様な鋳造関連会社の人々とご一緒に午前10時から午後4時までの2日間をみっちり過ごす機会を得ましたが、その経験が非常に意義あるものであったことをうれしく思います。当社やDISAエージェントの出席者だけでなく、両方のセミナーに参加された鋳造業界の専門家の皆さんが両セミナーの締めくくりやQAセッションで返してくださったコメントによれば、今回のセミナーが皆さんのビジネスにとって非常に有益かつ関連性の深いものであったことを認めておられます。一言でいうと、DISAMATIC C3の縦型技術は、業界水準を大幅に高め、スピード、品質、信頼性、生産効率、作業環境などに関する基準を革命的に変化させるよう設計されています」と締めくくりました。

当社はハノイとホーチミン市で開催された両セミナーより得られた皆様との関係がさらに強まっていくことを期待し、またこのセミナーがきっかけとなり、他の国々でもそれにならった活動が生まれ、さらには独自のセミナーイベントも開催されるようになることを心より願っています。 当社はそれを喜んで支援致します。