中国がマッチプレート式鋳造ラインの需要の増加を牽引している

発行日時

最近、マッチプレート技術を使用した鋳造ラインの需要が増大しており、特に中国のお客様から大型のDISA MATCHラインに関する問い合わせが急増しています。

このトレンドは主に、比較的大きな鋳物を生産している鋳造工場が当初水平型造型機を探していて、問い合わせ中にマッチプレート技術に照準を切り替えたことに起因しています。中国でのブレーキドラム市場の成長がもう1つの要因です。

中国におけるDISAのOEM鋳造工場営業担当VP、Jerry Maは次のように説明します。「現在の中国で起こっているのは、ある鋳造工場でDISA MATCHの導入が成功すると、同じ地域にある多くの鋳造工場もそれに追従しようとすることです。たとえば、2018年はすでにかなりの台数のDISA MATCH 32/32が売れています。現在のこれらの注文は、主にブレーキディスクや農業/一般産業の機械部品といった大型の鋳物の生産用です。中国ではブレーキドラムの市場が拡大していますが、多くのお客様はこれらのタイプの鋳物に対して従来どおりの鋳型ラインを使おうとしています。 

現実的な利点

私たちはお客様にDISA MATCH技術の優れた点を納得していただこうと努力しましたが、最も効果があったのは、他の鋳造工場がDISA MATCHを選び、その利点を実際の現場で証明したことでした。現実的な成果は幾千幾万もの言葉に勝る、といったところです。これでマッチプレート技術が中国の大型鋳物の市場で発展し続けるという確信が得られ、私たちは大いに喜びました。」

DISAによると、同様のマッチプレート技術の需要増加はトルコでも見られていますが、中国とは異なり、トルコでは小型のDISA MATCHラインも求められています。 

中国では、小型の鋳物の鋳造ラインを探しているお客様は縦型造型技術にまっすぐ向かう傾向にあります。新しいDISAMATIC C3は、この市場の需要に直接応えるために開発されました。