DISAMATIC C3がアジアを席巻したのちグローバル進出

発行日時

DISAMATIC C3はアジア市場を席巻したのち、3タイプで本格的にグローバル進出。

DISAの入門機ともいえるDISAMATIC C3高圧造型機は、アジアで大成功を収めたのに続き、現在世界中で販売されています。

 最初のDISAMATIC C3ラインは2016年8月に中国で試運転され、2017年だけでアジア市場全体に22のDISAMATIC C3ラインが設置されました。ウクライナからの注文も含み、すでに9件の新規注文が締結されていることから、DISAは、処理速度の異なるC3-150、C3-250、C3-350という3種類のDISAMATIC C3を世界市場で販売することに決めました。

あらゆる鋳造所でDISA造型機をお使いいただけます

PLC制御の高圧縦型造型機DISAMATIC C3は、既存ラインの手動操作から自動処理への変換、ならびに高圧造型ラインへのアップグレードが可能なため、鋳造品質や生産性の向上を望む鋳物工場に最適です。

C3は独自のDISAMATIC®ブロースクイーズ法を採用し、これによって縦型枠なしモールドの連続的な生産を行います。

C3には、サンドショットの前にサンドホッパーを閉じるDISAMATICドームバルブシステムが標準装備されています。さらにC3-250およびC3-350タイプには自動コアセッターも付いています。

DISAのグローバルプロダクトマネージャーLars Hjelmは世界市場投入について次のように語っています。「DISAMATIC C3はインドと中国で大きな成功を収め、最近ではウクライナのお客様にもC3-250を販売することになり、アジア圏外でも実際に需要があることを示しました。そこで当社はグローバル化に踏み切り、DISAMATIC C3をさらに広く世界の市場に展開することに決めました。」

「DISAMATIC C3は、比較的小さな投資で大幅な性能向上を期待している鋳物工場にとって完璧な造型ラインです。中国やインドではすでにDISAMATIC C3が長いところで18ヶ月も稼働していますが、両国のお客様たちにとって同機はまさにゲームチェンジャー(大改革をもたらすもの)となっています。」