Ulla Hartvig ToennesenがDISAの新しい上級副社長に就任

発行日時

デンマークに拠点を置くDISAは、Peter Holm Larsenの後継者としてUlla Hartvig Toennesenが、デンマークのTaastrupにあるDISA 製品イノベーションセンターの上級副社長に就任することを公表しました。

彼女の主な役割は、サービスや新製品の市場投入までのスピードアップを図り、同組織の近代化と発展をさらに推し進めることです。Ullaは今後、DISAの全体的な戦略と事業展開を遂行する責任を担うことになります。

デンマークにあるDISAおよびその製品イノベーションセンターは、Ulla Hartvig Toennesenが上級副社長に任命されたことで、世界をリードする鋳造関連の総合プロバイダーとしての地位をさらに強固なものにしました。過去2年間において、Norican Group2つの会社を新たに買収することにより市場での足場を固め拡大してきました。今回のUllaの任命は、グループ全体でより強固かつ長期的な相乗効果を生み出し、その過程でDISAをさらに強化させるという成長戦略の構想に基づくもので、同社の今後を占う重要な時期に行われました。

プロジェクトとイノベーションに卓越

Ullaはプロジェクトコーディネーターとして2004年にDISAに入社し、そこから製品管理・事業開発部門の責任者に昇進しました。200711月、彼女は販売担当取締役に任命され、2008年にはDISAのグローバルサービス担当副社長を引き受けることになりました。世界的に高く評価されたこの総合鋳造関連プロバイダーで13年間働いてきた彼女はいま、最高執行責任者(COO)兼社長を10年間務めてきたPeter Holm Larsenから、上級副社長としてバトンを受け取りました。

Ullaは国際マーケティングとマネージメントの修士号を取得しています。ビジネスや業務プロセスに精通し、さらにDISAの中核となる専門知識や顧客状況を深く理解していることから、彼女がその役に選ばれたのも頷けます。

Ullaは長年にわたり私のマネージメントチームの信頼できるメンバーであり、常にプロジェクトとイノベーションの発展を率いてきました。グローバルサービス部門の責任者としての数年間、彼女の使命は、市場や世界中の当社顧客基盤とDISAとの関係をより密接なものにしてゆくことにありました。彼女の熟練した能力と熱意そして意欲は、DISAを次の段階へ引き上げてくれるでしょう。会社として、そして私自身としても彼女にバトンを渡すことを誇りに思います。

Peter Holm Larsenは以上のように語っています。

理想の仕事

Ullaは「間違いなくこれが私の理想の仕事です」と語り、次のように付け加えました。

「しかし、私は今回の任命を謙虚に受け止めたいと思います。というのも、確かにDISAの上級副社長にさせていただくことで、この会社の大きな可能性をさらに高めることができるまたとないチャンスを得たと考えていますが、私はPeter Holm Larsen氏ではありません。彼はDISAに多大な付加価値をもたらしました。私は長年彼の近くで働けたことがとても幸運であったと思います。そして彼が今後もNorican経営チームに加わってくれることで、彼の直属の部下になれることを非常に嬉しく思っています。」

「私が絶大な信頼を寄せる非常に熟練した従業員たちやDISAの経営陣と一緒に働くことができるのを楽しみにし、同時に、プロジェクトとイノベーションの分野での発展の可能性を、今後も引き続き探求していこうと思います。」

イノベーションによる鋳造業界の形成

DISAは長年にわたって造型に関する技術、機械、設備およびプロジェクトを提供してきました。率直に言って、それらの点で当社は非常に優れていると思います。これに加えて、他社には負けないグローバルな顧客基盤を持っています。そのような環境で毎日働けることは大きな特権です。したがって、私の目標としましては、DISAがお客様の期待を上回り続けるようにすることにあります。そのためには、市場投入までの期間を短縮し、社内プロセスにおいてプロ意識を高め、さらに主要な市場イノベーター、大学、その他関係機関との対外関係もより良くしなければなりません。そうすれば、業界を継続的に活性化させ、お客様に付加価値をもたらすことができます。私の考えでは、それはイノベーションの開発能力を向上させ、そのイノベーションを市場に適切なタイミングで投入することを意味します」とUllaは結論づけています。

DISAの新しい組織の枠組みとして、4つのブランド(DISAItalpresse GaussStrikoWestofenWheelabrator)間の相乗効果を可能な限り高めるため、サプライチェーンをNorican Groupの傘下に置いてリーダーシップが発揮できるように構成されています。グループ全体で6地域に販売・サービス拠点が定められ、それぞれが責任を持ってNorican全製品の提供および日常的なお客様への直接対応を行います。この新たな組織形態において、DISAは「Centre of Product Innovation(製品イノベーションセンター)」となり、技術革新の責任を担いながら、各地域に商業的かつ技術的な販売支援を行います。またDISAは、製品開発、イノベーション、アフターセールスサポートに加え、造型機器のプロジェクト管理から試運転まであらゆるエンジニアリングやプロジェクトの実施も従来通り担当します。

Ulla Hartvig ToennesenDISAの上級副社長に任命したPeter Holm Larsenは、Norican Group内でDISAItalpresse GaussStrikoWestofen三社すべての「製品イノベーションセンター」の責任を遂行する「パーツフォーメーション」の社長職を務めることになります。